統合失調症の息子(30の日記記事)

02統合失調症の息子│前駆期の様子

2019年1月に統合失調症と診断される前の2017年から息子は不調を感じていました。
眠れない、イライラする、そして頭が整理できないと息子は私に訴えました。
当初、息子は別れた夫と暮らしており、私はそこから車で5分ほどの場所で働いていました。

心配していた事が起こりました。
慌てて駆けつけると「数日眠れていない」と息子は言いました。
息子はすっかりやつれて散らかった部屋の窓によりかかるように座っていました。

私と息子はその足で近くの総合病院に駆けつけましたが、そこは予約なしでは受診できず、あちこちの心療内科に電話をかけましたが、どこも1ヶ月以上先の予約が当たり前で、すぐに見てくれる病院はいわゆる精神科の専門医ではありませんでした。

しかし、私たちはその病院に向かいました

うつ病そして双極性障害と病名が変わっていった

息子は、2019年の1月に妄想の症状がでて統合失調症と診断される前の、

2017年5月から心療内科にかかっており当時はうつ病と診断されました。

心療内科を受診した日に私は一緒に住むようにとりあえずの荷物を家に運びました。

息子はしばらくはゆっくり眠っていましたが、その後の様子はうつ病ってこんな症状なの?
と疑問に思うような行動力がありました。

診断名はうつ病から双極性障害になり、私は益々不安になりました。

私はうつ病や双極性障害の本、夏苅郁子先生の本と本を買っては夜遅くまで読みふけりました。

今起こっている事の理解ができない息子

息子は自分の状態を理解して実際今起きていることを考えることが出来ない様子でした。

このままでは自分が困るといった判断が出来ないように感じました。

会話をするといつも言い争いになり、「もうこの家を出ていくから」という息子の言葉に、

「出ていけばいい」と返し息子は父親の家に帰っていきました

息子は病気というより性格の問題なの?

息子は病気というよりも考え方が育っていないのではないか?

車のローンを父親が払い、健康保険や年金の滞納分は私が払う。

「あなたは滞納して気にならないの?」私が問うと息子は気にならないと答えました

そして真剣な話をすると頭が痛くなると言いました。

息子はすぐ起こるであろう先のことすら考えるのが面倒くさそうでした。

病気?ギャンブル依存なの?

息子は病気なのかそれとも性格なのか?
彼女は息子と高校生の頃から付き合ってくれているのだから、
様子がおかしかったらわかるはず。

父親の家に戻った息子と私は以前の様に距離が空いてしまいました。

私は、パチンコばかりやっている息子にイライラしながら、
やはり息子が心配でギャンブル依存について調べたり、病気の本を読み漁っていました。

統合失調症の症状│息子に妄想の症状が!

息子は高校生の頃からずっとお付き合いをしていた彼女と別れました

理由はわかりません。

しかし別れて間もなく妄想の症状が現れました。

たったひとりの理解者がいなくなってしまったことが統合失調症の発症に繋がったのか?

いや、結局わたしが前駆症状を見逃していただけなのか?

悔やんでも悔やみきれません。

03統合失調症の息子│任意入院 妄想から突然の入院 息子にいったい何が起こったのか。面会に行くと、真っすぐ歩けないほどふらふらな日と、病棟内のフリースペースを手...
ABOUT ME
うみ
プロフィール 2019年1月に統合失調症を発症した息子とふたり暮らしながら障害者支援員の仕事をしております、 うみと申します。 就労移行支援員として1年半ほど利用者さんやご家族のサポートをしながらジョブコーチ養成研修も修了しました。 就労移行支援員と兼任して利用者さんの定着支援(企業に働き続ける支援)もしてきました。 現在は障害者支援の2つの仕事を兼任しております。 ~母親目線のメッセージ~ 2021年6月現在息子の症状は安定しています。 先の見えない不安、行動したくてもできない現状、 行政に相談したくてもその一歩が踏みだせない。 そんなあなたに今よりホッとして生きてほしいと思いブログを綴っていきます。 うみさんちにぜひ遊びにいらして下さい。 元気になる話をいっぱいご用意してお待ちしております。