統合失調症の息子(30の日記記事)

22統合失調症の息子│2021年1月で退院後2年が過ぎました

2019年の1月に精神科病院に入院した息子は、わずか5日で退院しました

症状が改善されたから退院したわけではなかったので、退院後は私の方も困り果て、
息子はどうなってしまうのか?私はこの状況に耐えられるのか?
いつもいつも考え込んでいました。

その後息子は一進一退を繰り返し、2021年の冬を迎えました

統合失調症の息子と距離感

1967年生まれの私は11月で53歳になりました。
私の誕生日に息子はモンブランのケーキを買ってきてくれました。

2020年10月から宿直勤務も加わり、私の仕事のシフトは4交代で回っています。
グループホームの宿直勤務の時は、ひと晩家を空け、翌日の午前中に帰宅する事になります。

私がいない朝も、息子は自分で起きて身支度を整え就労移行支援事業所に出勤しています。

この環境で生活している以上、今の私は息子を信じて見守る事しかできません。

この頃の息子は朝散歩をしています。午前5時頃から部屋の出入りをしているので、
「ずいぶんと早起きだね」と声をかけると、「痩せたいので散歩をしている!」と答えました。

体調はいいというので安心しています。

息子と一緒の時間はぐっと減っています。

統合失調症の息子│就労移行支援事業所でサービス担当者会議

2020年9月から就労移行支援事業所に通い始めた息子は、週5日、午前9時から午後2時半迄まじめに通っています。 

2020年11月に施設長から電話を頂きサービス担当者会議にお母さんもぜひ参加してくださいと言われました。

施設職員

2020年9月の開始から2ヶ月になりますが、仕事の面でも人との関わりにも慣れてきている様子です。
人と接する時にとても柔らかく、明るいのでムードメーカーとなり、休み時間など仲間と散歩に出かけているんですよ。

息子

現在はパン作りとパン販売、内職の仕事をしているけれど、内職は苦手です。
ずっと通っていた温水プールで職員募集があるのでバイトとして応募したいと思っています。
一人暮らしもしたいです。
毎日ではないけれど、仕事のかえりにパチンコ屋に寄り2時間くらいスロットを打っています。

うみ

息子は、100・0思考で0になると全く動けなくなってしまいます。
疲れている事に気付かずに動いている時もあると思います。
家にいるときは、私との会話は少ないです。

施設職員

早い段階でアルバイトを探すのか、時間を掛けて8時間でも働ける場所を探すのか、病気を伝えて働くのかどうかも一緒に考えていきたいと思っています。

就労移行支援事業所の施設職員の方は皆、息子のことを親身に考えてくれていて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

私のできることは限られており、むしろ何もできないと思っています。

息子の味方がひとりでも増えてくれれば本当にうれしいと思います。

またひとり息子の味方が増えた


息子の外泊は増えました。「どこに泊まっているの?」と聞いても「言ってもわからないでしょ」とはぐらかされてしまいます。

私は以前からなんとなく思っていたことを聞いてみることにしました。

彼女ができたの?

うん、そうだよ。同じ年だよ。」息子は意外とあっさりと認めました。

母の直感大当たり!!息子はお付き合いしている女性がいたようです。

その後も週末は1泊または2泊するようになり、夕飯は外で(彼女や友人と)食べる事が増えています。

就労移行支援事業所にもほぼ休まずに通えており、
施設の仲間とも休みの日にラーメンを食べに行ったりと交流をしています。

息子が多くの人と関わり、人の優しさや愛情に触れて幸せな気持ちで過ごせることがとてもありがたいと思います。

どうか再発せず過ごせるようにと心の底から願いながら、薬の飲み忘れのないようにと私はいつも声掛けをしています。

夜勤や宿直勤務もある為、息子と会話する時間が減っていますが、程よく距離を取ることがお互いにとって良いことを十分に感じています。

クリニックの受診日に同行

2021年2月のクリニック受診日は息子に同行しました。
予定していたわけではありませんが、私の仕事が休みだったので、

  1. 先月の受診日に薬だけもらって帰って来てしまったこと
  2. ときどき就労支援事業所を早退していること
  3. 薬がずいぶん余っていること(飲み忘れ)

など、心配事が重なったことや、少し息子との時間を作りたかったので、
息子は「来なくていいよぉ」と言いましたが、押し切ってしまいました。

息子を前にして全部を話せませんでしたが、薬の飲み忘れについては報告出来てほっとしました。

クリニックを受診後は息子から回転寿司でランチがしたいとせがまれたので、久しぶりに一緒にランチをしました。

色んなことがちょうどよいタイミングだったと思います。

スロットで良い台をみつけたことや彼女とのなれそめも聞くことができました。

23統合失調症の息子│安定期 2019年1月妄想の症状が強く出て息子は緊急入院をしました。ところがわずか5日間で退院となり、妄想の症状が残った息子との生活が始まり...
ABOUT ME
うみ
プロフィール 2019年1月に統合失調症を発症した息子とふたり暮らしながら障害者支援員の仕事をしております、 うみと申します。 就労移行支援員として1年半ほど利用者さんやご家族のサポートをしながらジョブコーチ養成研修も修了しました。 就労移行支援員と兼任して利用者さんの定着支援(企業に働き続ける支援)もしてきました。 現在は障害者支援の2つの仕事を兼任しております。 ~母親目線のメッセージ~ 2021年6月現在息子の症状は安定しています。 先の見えない不安、行動したくてもできない現状、 行政に相談したくてもその一歩が踏みだせない。 そんなあなたに今よりホッとして生きてほしいと思いブログを綴っていきます。 うみさんちにぜひ遊びにいらして下さい。 元気になる話をいっぱいご用意してお待ちしております。