障害と就労移行支援

atGPジョブトレの障害種別特化型コースの違い│比較と選び方

就労移行支援事業所に見学に行こうと思うけどどこがいいのかわからない!

障害別コース制の就労移行支援事業所があるって聞いたけどどうなのかな?

atGPジョブトレの障害種別特化型コースについて調べてみました。

atGPジョブトレの障害種別特化型コースでは統合失調症コース・うつ症状コース・発達障害コース・聴覚障害コース・難病コースがあります。

この記事では統合失調症コース・うつ症状コース・発達障害コースについて詳しく説明していきます

先にサイトを見たい方は下記からどうぞ↓

統合失調症コース

職場定着率91%!統合失調症専門の就労移行支援【atGPジョブトレ 統合失調症コース】

うつ症状コース

職場定着率91%!うつ症状専門の就労移行支援【atGPジョブトレ うつ症状コース】

発達障害コース

発達障害専門のトレーニングだから働き続ける力が身につく【atGPジョブトレ 発達障害コース】

atGPジョブトレの障害種別特化型コースってどうなの?

障害別コース制なので利用者さんに合ったトレーニングと、同じ悩みを持つ仲間と共に就職に向けて前進できます。就職後も自分の体調とうまく付き合いながら「働き続ける」ためのスキルが身につきます。

atGPジョブトレだからできること

・事務職で活躍できるスキルが身につく

・就職後を意識した就職活動サポート

・ひとりひとりと向き合う満足度の高い支援

引用元:atGPジョブトレだからできること

引用元:atGPジョブトレだからできること
うみ

※2019年9月~2020年8月の就職データで事務職での就職率が94.5%となっています。
事務職での就職を希望している方に特化しているようですね。

atGPジョブトレの6つのサポート方針

1、ありのままの自分をさらけ出しても、安心して過ごすことができる

2、失敗大歓迎。自分にあったやり方を自ら見つける実験の場として利用できる

3、自分の人生を自らの意思や行動によって、自分の足で主体的に歩むことができる

4、利用者様同士の情報や気持ちの交換によるピアサポートが互いを支えあう力になる

5、一人ひとり違うという個別性が重視され、自分にあった支援を受けることができる

6、未来について自己決定が尊重され、選択の自由を奪われない

引用元:atGPジョブトレだからできること
うみ

個人的には
4、利用者様同士の情報や気持ちの交換によるピアサポートが互いを支えあう力になる
6、未来について自己決定が尊重され、選択の自由を奪われない

に共感しました。
あなたはいかがでしたか?

1、atGPジョブトレ 統合失調症コース統合失調症専門の就労移行支援

例えば統合失調症専門のプログラムには

  • 症状理解
  • 服薬管理
  • 自分ヒストリー

があります。
統合失調症の方の多くは、今までできていたことができなくなったり、特に若い年齢で発症された方は同年代の方よりも経験が乏しくなったことで自信を失ってしまうことがあります。

認知機能障害のことなど、病気について正しく理解ができれば、現在自分に起こっていることの理解が深まり働く意欲や自信にも繋がると思います。

プログラムの中に自分ヒストリーがあるのもatGPジョブトレ 統合失調症コースならではです。

利用者さん自身が過去を振り返ることで自分の強みや才能に気付き、働き方や自分の生き方を考えるといったプログラムはおススメです。

atGPジョブトレ 統合失調症コース

統合失調症特化コースの見学の申し込みはこちらからどうぞ。↓

atGPジョブトレ 統合失調症コース│気になる評価は?

統合失調症Aさん(20代)
atGPジョブトレに通っている中で、1番印象に残っているプログラムは症状理解研修です。

なぜ発症して、どんな症状があるのかを振り返る自分ヒストリーを作ってお互いの体験談を発表し合いました。ここでは、同じ病気でも人によっていろんな症状があることを知りました。
正直、明るい内容の講義ではなかったです。

でも、重い話も赤裸々に出し合うことで、それまで友達にも話したことがなかったことをカミングアウトできて、すっきりしました。
また、自分ヒストリーを作ることは、自分自身としっかり向き合うことになるため、自己理解が非常に深まるプログラムでもありました。

そのため、病気との付き合い方を身につけることができるようになったのも大きな収穫でした。

新しい環境では症状が出てしまうものですが、環境に慣らしながら、病気とうまく付き合っていくしかないと考えるようになりました。

今も通院は継続していますが、症状が強く出てしまうことはあるし、症状の波は激しいと感じています。

でもこれが症状なんだと理解できていれば、少しずつ落ち着きを取り戻せます。

自分の症状を理解して、ストレスマネジメントを実践することで、自己管理ができるようになってきたことが、自分にとっては特に大きかったですね。

引用元:atGPジョブトレ│卒業生の声統合失調症のAさんのインタビュー

1事業所しかないことが残念です。
病気に対する理解が深まれば再発防止にもなりますよね。

事務職での就職率がなんと94.5%です。
事務職での就職を希望する方は見学をおすすめします。
下記から見学の申し込みができます。

応援していますね。

2、atGPジョブトレ うつ症状コースうつ症状専門の就労移行支援

atGPジョブトレ うつ症状コース

うつ症状特化コースの見学申し込みはこちらからどうぞ。↓

職場定着率91%!うつ症状専門の就労移行支援【atGPジョブトレ うつ症状コース】

atGPジョブトレ うつ症状コース│気になる評価は?

双極性障害Bさん(40代)
atGPジョブトレはハローワークの担当者から紹介してもらいました。

その方から言われたのは「あなたにとって、ここが1番きつい」と(笑)。

他に就労移行支援事業所を2か所見学しましたが、就労支援というよりも社会復帰を目指すような雰囲気で、自分の求めているものと違うように感じました。

私はあくまでの職場復帰のサポートをしているところに行きたかったので、カリキュラム的にatGPジョブトレが最も合っていると思いました。

障害者手帳を取得したのは、atGPジョブトレに通所するタイミングです。

クローズ(障害をふせて)で働くことは年齢的にも難しいと感じ、オープン(障害を開示して)で就職活動をした方が成功しやすいと考え、手帳取得に至りました。

引用元:atGPジョブトレ│双極性障害Bさん(40代)のインタビュー

息子も随分悩んでいましたが、本日市役所に障害者手帳の申請に行ってきたようです。
息子にピッタリの就職が決まるように応援しています。

あなたもぜひ一歩を踏み出してくださいね。

うつ症状特化コースの見学申し込みはこちらからどうぞ。↓

職場定着率91%!うつ症状専門の就労移行支援【atGPジョブトレ うつ症状コース】

3、atGPジョブトレ 発達障害コース発達障害専門の就労移行支援

atGPジョブトレ 発達障害コース

発達障害特化コースの見学申し込みはこちらからどうぞ。↓

発達障害専門のトレーニングだから働き続ける力が身につく【atGPジョブトレ 発達障害コース】

atGPジョブトレ 発達障害コース│気になる評価は?

発達障害(ADHD)・双極性障害Bさん(30代)
見学で模擬職場トレーニングのグループワークの発表を見た時に、利用者の皆さんの発表をしている様子がのびのびとしていて、内容も個性があって大変興味深かったのです。

まず、自己探究研修がとても良かったです。

障害の理解に関して、お医者様からの情報と、本を読むだけでは限界があったので。

本に書いてあることは私のことではないし、私の困りごとベースに障害を理解することがすごく良かったです。

例えば、感覚過敏でも同じ障害の仲間でも過敏の出方が違うようで、十人十色なんだということがわかりました。
その場の全員が発達障害を持っていることで、自分のことをより、客観的にみられるようにもなったことは障害配慮を伝える時にも役立ちました。

引用元:atGPジョブトレ│発達障害(ADHD)・双極性障害Bさん(30代)

おっしゃる通りで本を読むだけでは理解に限界があります。
同じ病名がついても症状はその方それぞれだということですね。

自分を客観的に見ることを学べるなんて素晴らしい経験をされたと思います。


発達障害特化コースの見学申し込みはこちらからどうぞ。↓

発達障害専門のトレーニングだから働き続ける力が身につく【atGPジョブトレ 発達障害コース】

あなたもぜひその一歩を踏み出してくださいね。
応援しています。

うみ

わたしの息子も2ヶ所の就労移行支援事業所を見学に行きました。

息子も最初は面倒くさい様子でした。
息子の気持ちが一気に加速したのは見学に行ってからです。

通うかどうかは見学に行ってから自分のタイミングで決めればいいと思いますよ。

必見!就労移行支援事業所を選ぶポイント

  • 自宅からの距離→張り切って遠くの事業所を選ばないことをおすすめします。
  • 職員(スタッフ)との相性→重要です!見学と体験で相性をチェックしましょう。
  • 自分に合ったプログラムかどうか→何を学べるかチェックしましょう。
  • 就労実績はどうか→就職率を確認しましょう。積極的に実習を進めてくれるかどうかもチェックポイントです。
  • 交通費は負担してもらえるか送迎をしてくれる事業所もあります。
  • 昼食は提供してもらえるか全額ではなくてもお弁当の半額は負担してもらえる事業所もあります。

チェックポイントはメモできましたか?

うみ

あなたが簡単に比較できるようにわかりやすくお伝えしました。

さらっと読んでいただけたと思います。
この記事では

  • atGPジョブトレの障害種別特化型コースの違い│比較と選び方

をご紹介しました。

ご紹介した事業所は無料でWebから見学の申し込みができます!
複数見学をおすすめします。

あなたにあった事業所に出会えることを応援しています。

統合失調症コース

職場定着率91%!統合失調症専門の就労移行支援【atGPジョブトレ 統合失調症コース】

うつ症状コース

職場定着率91%!うつ症状専門の就労移行支援【atGPジョブトレ うつ症状コース】

発達障害コース

発達障害専門のトレーニングだから働き続ける力が身につく【atGPジョブトレ 発達障害コース】

併用できる!atGPの就職支援サービス

atGPジョブトレに加え、atGPの就職支援サービスも活用することで、就職の可能性が広がります。

引用元:障害者 雇用・採用・求人のアットジーピー障害者 就職・転職の仕事探しをサポートします

atGPジョブトレは就労移行支援事業所です。
就労移行支援は一般企業への就職を目指す障害のある方を対象に、就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートをおこないます。
atGPジョブトレ一般企業への就職と職場定着をサポートします。

ではatGPの就職支援サービスはどういう役割をもつのでしょう。
atGPの就職支援サービス転職・就職のサービスを受けるところになります。
転職・就職について相談できる場所といったイメージです。

「atGPの就職支援サービス」ついて気になる方は下記から見学のご予約ができます。↓

プロと一緒にする転職活動!障害者の就・転職ならアットジーピー【atGP】
ABOUT ME
うみ
プロフィール 2019年1月に統合失調症を発症した息子とふたり暮らしながら障害者支援員の仕事をしております、 うみと申します。 就労移行支援員として1年半ほど利用者さんやご家族のサポートをしながらジョブコーチ養成研修も修了しました。 就労移行支援員と兼任して利用者さんの定着支援(企業に働き続ける支援)もしてきました。 現在は障害者支援の2つの仕事を兼任しております。 ~母親目線のメッセージ~ 2021年6月現在息子の症状は安定しています。 先の見えない不安、行動したくてもできない現状、 行政に相談したくてもその一歩が踏みだせない。 そんなあなたに今よりホッとして生きてほしいと思いブログを綴っていきます。 うみさんちにぜひ遊びにいらして下さい。 元気になる話をいっぱいご用意してお待ちしております。